神無月サスケの波瀾万丈な日常・はてなブログ編

神無月サスケのツイッター(@ktakaki00)を補完する長文を書きます。

ぼくのすむまち第3話

皆さんお待たせしました!ぼくのすむまち第3話の公開予定日が、7月11日に決定しました!(先日7月3日かも……とアナウンスしましたが、例によって延期になったわけです)というわけで、早速紹介させていただきます。

今回の主人公は、夏休みの初めに家出をしてしまった小学生です。持ち前のカリスマで川辺でホームレス達と仲良くなり、共同生活するようになりました。しかしそのころ、町ではバケモノが発生し住民を悩ませている噂を聞きます。エイジは仲間(なんと、餌付けした犬とカラスです!)を連れてバケモノ発生の原因を探り問題を解決することに。……と、これまでと違い、かなりドタバタ路線に突っ走った内容です。

画面写真は、高架下に住むホームレスです。ホームレスといえば吾妻ひでおの『失踪日記』なんかで話題になりましたが、気楽なように見えて、一方で結構大変。そんな悲喜こもごもも見所のひとつといえます。

一方でテーマ性を持たせることも放棄していません。第3話のもう一つのテーマは『家族』。果たして主人公は無事に家に戻り、家族と和解できるのでしょうか……皆さんの中でも、家族との関係がうまく行っていない人や、そういうことで悩んだ経験のある人はいるのではないでしょうか。そういう方にぜひプレーしてもらいたいです。余談ですが、家族については数年前にリリースした拙作『Another Moon Whistle(以下、アナザームンホイ)』でも描こうとしましたが、不完全燃焼でした。今回は、きちんと答えを出したつもりですので、アナザームンホイをプレーして煮え切らない思いをした人は、是非プレーして僕の答えを受け止めてくれたら幸いです。

戦闘システムおよびバランスも凝ってます

そんな今回の戦闘バランスは、ドタバタ路線のシナリオに合わせ、ドタバタ系のバランスになっております。「天の光」という回復技があり、移動中にMP消費なしでHPを完全回復できます(戦闘中にも使えるが、その場合、敵も回復してしまう!)。その分、毎回スリリングな戦闘が楽しめることでしょう。その他合成システムや、HP消費技など、様々な趣向を盛り込んでいます。

このように、デフォルトの戦闘システムでも、毎回がらりと違うテイストのバランスを提供していますが、今回は特にツウ好みと申しましょうか、RPGをやりつくした人も唸らせる自信があります。「ぼくのすむまち」の戦闘にマンネリの文字はありません。

ぼくのすむまち」とは

RPGツクールforMobileのサンプルゲームとしてツクールモバイル@RPGにて連載されているRPGです。いわゆる現代物で『ぼくのなつやすみ』のような日常を楽しむ要素に加え、RPG風の戦闘およびレベルアップが好きな人にも楽しめる内容となっています。対応機種がDoCoMoFOMA 900i シリーズのみですので、携帯でゲームをよくやる人以外はお持ちでないかもしれませんが、買い替えの際にこれらの機種にする事を検討したり、対応機種を持っている友達に相談するなど、うまく立ち回ってみてください。

追記 06/07/11

好例のごとく、本日moonwhistle.orgに、「ぼくのすむまち第3話」の情報を公開しました。攻略記事など載せてますので、ぜひ見に来てください。