神無月サスケの波瀾万丈な日常・はてなブログ編

神無月サスケのツイッター(@ktakaki00)を補完する長文を書きます。

Darkest Dungeon × RPGツクールMV コラボゲーム作りました!

Darkest Dungeon × RPGツクールMV コラボキャンペーン
http://tkool.jp/mv/dd-campaign/

皆さん、ダークファンタジーローグライクRPG「ダーケストダンジョン」が、8月9日にコンシューマーで発売されます!
Xbox One, Play Station 4, Nintendo Switch

それに伴って、KADOKAWAでは、RPGツクールMVにて、Darkest Dungeon コラボゲーム
「俺がDarkest Dungeonの世界に転生した件」をRPGアツマールにて、公開いたしました!
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm7723

どんなゲームなの?

シナリオ

主人公タケシは、普通の高校生。ある日、不思議な封筒が届いていた。
開けてみると、それはダーケストダンジョンの世界への招待状。
気にせず寝ていると、彼は目が覚めた時、Darkest Dungeonの村(Hamlet)で、クルセイダー(Crusader)になっていた。

「ダンジョンをひとつクリアすれば、元の世界に戻れる」という言葉を胸に彼は仲間を連れてダンジョンに潜り込むが、
だんだん居心地が良くなって帰りたくなくなる……。
元の世界に戻るのか? 続けるのか? それはあなた次第。

システム

RPGツクールMVのプラグイン機能を使い、Darkest Dungeonの様々なシステムを採用しています。

自動生成のダンジョン、ストレス、行動範囲によるスキルの使用制限、食糧、キャンプなどなど……
Darkest Dungeonをプレイしたことがある方も、そうでない方も、きっと新鮮な印象を受けてくれると思います。



本家ダーケストダンジョンとの違い

ツクールMVということで、「キャラクターの設定が命」ってことで、8人のヒーローには、いろんなキャラ設定いれてあります。
これらの中には、本家をプレイした人なら、ニヤリとするネタもあることでしょう。

なお、システム面は、本編にはもっと、こんな要素があります。

  • 松明による明るさ(松明が切れると暗くなっていく)
  • 奇癖(Quirk)。良いものと悪いものがあり、洞窟探索に有利になったり不利になったりする
  • 病気(Disease)。罹ると病院で治すのに結構なお金がかかる
  • 家宝(Heirloom)を集めて、町の施設をグレードアップしていく

などなど……。本コラボゲームではエッセンス重視のため削った部分にも、面白い要素がたくさんあります。


作者からの言葉

制作は僕、神無月サスケが担当させていただきました。
Darkest Dungeonが大好きで、英語版で、Darkest(ノーマル)モードをクリアさせていただいております。
そんな僕が、このゲームの魅力を作るために、RPGツクールMVで腕を振るわせていただきました。

最初は「どんなものでもいい、戦闘やダンジョン探索も必須ではない」と言われたのですが、
せっかく素材にサイドビュー用キャラ素材と、戦闘背景素材があるのだから、利用しない手はないと思い、
プラグインで、自動生成ダンジョンや、オリジナルの戦闘システムをくみ上げました。


戦闘システムは、オリジナルをプレイした方でも、またちょっと違ったスリルを味わえると思います。
キャラクターが使い捨ての原作と異なり、このコラボでは、キャラクターが不死身の代わり、
ストレスが一定数以上になると、強制的にダンジョンから村(Hamlet)へ戻される、というシステムです。
このため、ストレス管理はしっかり行ってくださいね!

あと、どうしても入れたかったのが、キャンプですね。キャンプは原作でも、ヒーローの個性が活きる数少ない場所でした。
本作でも、どこかの世界から転生してきたヒーロー達の独白が見られますので、ぜひ、ここまで、
プレイしてほしいな、って気分です。

このゲームをプレイして、皆さんも、Darkest Dungeonの魅力を垣間見てくれたら、そして、購入してくれたら、と思っております。
また、そしてRPGツクールMV( http://tkool.jp/mv/ )をお使いの皆様、コラボキャンペーンにも何か作って応募してくださいね!