神無月サスケの波瀾万丈な日常・はてなブログ編

神無月サスケのツイッター(@ktakaki00)を補完する長文を書きます。

ぼくのすむまちVX 第3話

ドタバタ展開で話題になった第3話。

主人公が家出少年。ホームレスにゴミ屋敷、ご近所トラブル満載。

モバイル版でも話題になっていましたが、移植版も公開後、かなり話題になっています。

当ブログのモバイル版の紹介

http://d.hatena.ne.jp/ktakaki/20060629

モバイル版は修正版だった。今回は無修正版

ファミ通.com 無料ゲームの紹介では「オリジナルからシナリオに若干の変更を加えたバージョン」とありますが、実はモバイル版の時は、様々な修正を求められており、今回が、修正前のバージョンなのです。

モバイル版での修正点

エンターブレイン(とドコモ)から修正を求められたのは、以下のような点でした:

  • 子どもを敵として出すのは、児童虐待を連想させる
  • 実在の事件を連想させ、なおかつ当事者をバケモノと呼んでいるのは問題
  • ホームレスを罵倒する言葉があまりにもきつすぎる

これらは携帯電話アプリゆえのチェックのようです。

携帯電話の場合、電車の中などでもプレーできるため、プレーする様子を第三者が覗き込むことも出来ます。その際に上記のような画面が見えた場合、確実に誤解されるのは避けられません。

事実、シナリオの根幹についての指摘はなかったですし、ファミ通.com無料ゲームでは問題なく掲載していただけたことを考えても、やはり、携帯電話ゆえの苦渋の決断だったのだと伺えます。

編集部の皆様、手のかかる奴で本当にすみません。改めておわびします。

一番人気かも?

しかし、本作品が全6話の中で一番人気があるようです。

人気というか、好き嫌いが分かれるというか。

制作スタッフ内部でも、第3話が一番好評でした。

キャラデザインの梅子石さんも、「第3話が一番面白い(かも)」といい、VX移植担当のブラックウルフさんも「修正前の第3話が、一番好き」と話していました。そういえば、制作着手前、コンセプトを見せた時点から「3話がおもしろすぎる」と言われておりましたね。

今後は第3話のようなノリで話を作ってみるのがいいのか?

いえいえ、この味は狙って出せるものではありません。

狙うのはやめて、今後も地道に作ってヒットを待ちます。

そっちの方が僕の性に合いそうです。

RGSSスクリプト素材:HP消費技

今回は「HP消費技」があるため、それをRGSS素材として準備してます。

仕様は、モバイル版と同様です:

  • HP、MP両方を消費する技も作成可能
  • 消費HPが現HPを上回っている状態でも発動し、使用後HPが0になったらその場で力尽きる

特に「現HPより消費HPが多くても発動」というのが面白いですね。第3話でも、一部の敵がHP消費技を使いますが、使用後に「〜は ちからつきた……」と出たと思います。

アイテム合成

第3話では、アイテム合成イベントが導入されました。

「炎の石」や「光の石」を合成して装備が強化できます。たとえば「メガホン+炎の石→炎のメガホン」、「棒切れ+光の石→リバイブの杖」といった具合です。

合成をしないでクリアした人が多かった?

しかし反響を見て驚きました。

合成を行わずにクリアした人が結構いたようです。

僕としては予想外のことでした。

ゲームバランスも、合成をしている前提で調整していたので、ラスボスとか若干苦労されているようです。

これからプレーする人は、ぜひ合成を楽しんでみてください。どの組み合わせで合成しても、その都度違ったゲーム性になり戦略を考えるのを楽しめるはずですよ。

RGSSとイベントコマンドの併用例

この合成イベント、モバイル版では、イベントコマンドの組み合わせで実現していましたが、アプリのため容量制限がある中、容量をかなり消費していました。(ゲーム全体で400kバイトしか使えないのに、合成イベントに20〜30kバイトほど費やしていました。)

VX版ではRGSSスクリプトを使い、それをイベントコマンドから呼び出すことによりかなりシンプルに実装しなおされています。

このあたり、RPGツクールVXの使用方法を勉強中の方にはなにかと参考になると思います。